モテたい

好きにさせる方法は女性のラインにあり!意中の彼をメロメロに!

好きにさせる方法は女性のラインにあります!

ラインは意中の彼を射止めるための必須アイテムです。

ここでは、好きにさせる方法として女性のラインテクニックをメインにご紹介したいと思います!

好きにさせる方法は女性のラインテクニックが重要

ラインは現在のコミュニケーションに欠かせないことは間違いありません。

男性にモテるためには、ラインテクニックというのは身に付ける必要があります。

「モテる女 ライン テクニック」では、題名のつけ方や絵文字の使い方、男性のラインをゲットすることなど、どちらかというと、男性とのラインをする際に、最低限抑えておく必要のあるごくごく基本的な事柄を中心にご説明しました。

そして、これらの基本を忠実に守っていれば、男性との関係は次第に好転していくはずです!

しかし、それだけではまだまだ不十分で。

本当に、男性を自分にとりこにしたい。

自分に惚れさせたい。

もっと仲良くなりたい。

そう思っているあなたには、さらに進んだラインテクニックが必要です。

ここでは、基本を抑えていることを前提として、より進んだラインのテクニックをお伝えしていきます!

男性の心をつかむためのキーワードは「小悪魔」

男性の心を掴み、自分に惚れさせてしまうためには、ある程度の駆け引きが必要です。

そして、ラインテクニックを駆使するためには、相手のラインの反応から読み取って、相手の心理状況を読み取り、次に自分が送るべきラインの内容などを適切に見極める必要があります。

ここでは、「好きにさせる方法は女性のラインテクニックにあり!!」として、初級編よりも少し進んだ簡単な駆け引きを要するラインテクニック中級編についてご説明していきますので、男性をラインでトリコにしたい女性は是非ご覧になって下さいね!

好きにさせる方法は女性の小悪魔ライン

それなりにデートに誘ってくれる男性はいるけれど、その後が長続きしない…そう悩んでいる女性はいませんか?

デートに誘ってくれるということは、あなたに気があるという証拠です。

その後、本命までの階段に上手に登れていないとしたら、もしかしたらあなたの努力不足かもしれません。

世の中の多くのモテる、小悪魔的な女性の多くが陰で色々な努力をしています。

「何もしてないよ。」という女性の多くが陰でエステに通っていたり、ジムに通っていてプロポーションを維持していたりします。

男性にまた誘いたいと思わせる魅力的な女性になるためには、ある程度の忍耐と努力が必要です。

小悪魔的な女性が使うテクニックのひとつに、ラインがあります。

電話するには勇気がいるけれども、ラインだったら気軽に送れるという女性も多いのではないでしょうか。

また電話はその場限りですが、ラインはいつでも読み返しがきくというのも嬉しいところ。

自分なりの言葉で表現をした文面は、良い意味で自分の長所をアピールするのに相応しいものです。

「先日は、美味しいワイン、ご馳走さまでした。○○君は、話が面白いから、あっという間に時間が過ぎたよ♪楽しいひとときでした。」

このようにデートのお礼と、相手の長所をさり気なくほめるラインも好きにさせる方法として大切なポイントです。

思わせぶりな内容に、男性サイドも「もしかして気があるのかな」なんてドキドキして、女性に対して連絡がとりたくなるものです。

好きにさせる方法は女性の恋するライン

昔、男性と女性の脳の違いについて触れている本がベストセラーになりました。

女性はとりとめなく話をするのが大好きですが、男性は反対に、ストレートに結論を求めたラインをするため、井戸端会議のようなダラダラした話は嫌いです。

これは右脳と左脳、どちらか強いかという男性女性の性別の違いによるところが多いようです。

意中の男性に対して効果的な、好きにさせるラインを送るためには、このような男性女性の生理学的な違いを理解しておくと役にたちます!

「今日は、デパートに買い物に行って、メイク用品を買って~、ついでにカフェに寄ってお茶したよ。この前の見たい映画は何だっけ?そうそう話題の芸能人が結婚したよね。テレビ見た?」

このような話題が次から次へと、飛んでしまう内容は男性にとっては、好きにさせる方法どころか、もうラインを閉じたくなってしまいます。

シンプルにひとつのことを理解したい男性にとって、次から次へと矢継ぎ早に内容が変わるラインは嫌いです。

少し文章を変えてみます。

「今日はメイク用品を買いに、デパートに行ってきたよ。この前、話していた映画は何だっけ?一緒に見に行きたいね。」

これでだいぶ、シンプルな、好きにさせられるモテるラインになりました。

テレビの話題は会ったときに話せば良いのでこの場合は省きます。

好きな男性と映画を見に行きたいという気持ちが十分伝わる内容になりましたが、こういったシンプルかつ伝えたい内容が分かるラインが好きにさせる方法として女性は有効に活用していかなくてはなりません。

的を絞って、思いを伝える内容のラインを書くことは、彼の気持ちをゲットする上で、とても大切なことです。

「好きにさせる方法」大人の女性のラインテクニック

世の中にはたくさんの男性がいるように、男性からしてみれば女性も同じです。

自分が大好きな彼は、もしかしたら他の女性も好意を抱いているかもしれません。

大好きな男性が自分に興味を示してくれるようになればこんなに嬉しいことはないですよね。

電話番号は少し気が引けるけどラインなら、と相手も割りと簡単に教えてくれます。

またラインを送信する時間帯ですが、非常識な時間帯に送ってしまっては、好きにさせる方法どころか女性として失格です。

一般的に夜の10時過ぎから朝の8時くらいまでの時間はプライベートな時間といわれています。

まだ知り合ったばかりの彼に対して、深夜にラインをするのは、起こしてしまう可能性もありとても迷惑です。

ラインは好きなときに作成をして、保存をしておけば好きなときに送れます。

その特徴を生かして、たとえば夜遅くに作成したラインは、次の日の日中などに送るようにしましょう。

仲良くなるまでの間は、相手の生活スタイルが見えないことが障害です。

相手のスタイルを崩さないように、夜遅くの通信などは控えて、大人のお付き合いを心がけていきましょう。

恋のステップアップテクニック

気づけば彼氏いない歴○年……女性友達や家族と一緒に過ごす時間も楽しいけれども、そろそろ淡い恋のひとつやふたつしてみたい。

そう思っていませんか?

モテる女性に近づくためにはエステに通ったりダイエットに励んだり、外見からの魅力を養うことも大切ですが、もっと男性の心をとらえるために、男性を飽きさせない内面を磨くことも大切です。

具体的には内面を磨くというのは、どのようなことを指すのでしょうか。

1つは、自分だけの時間を充実させるということです。

2人でいても楽しい女性は、おひとり様の時間も大切にすることを知っています。

とびきりのレストランで美味しい料理を味わうことも大好きだし、1人で気軽に入れる中華料理のお店も知っている、そんな幅の広い女性こそ、モテる女性なんです!

昔は携帯がなかったので、出会いもそれほど多くないのが一般的でした。

今では、いつでもやりとりできるスマホやパソコンなどが主流となっています。

相手と繋がりたいと思えばボタンを押すだけでやりとりできる時代です。

恋愛に大切なのは、いかにそのようなコミュニケーションツールを使えるかということ。

あなたの知性や内面を映し出す外見と同様に、少し内面の美しさをかもし出してみませんか?

心を込めて打つ女性らしいラインを意中の男性へ送って、恋のステップアップをしてみてくださいね。

大人の女性のラインテクニック

オフィスの中で、いつも男性に人気のある女性はいるものです。

デートのお誘いに事欠かなく、週末も男性とのランチでいつも楽しそう。

男性ウケする女性、羨ましいですよね。

モテる女性とそうではない人の違いは、恋愛に対するちょっとしたテクニックを知っているか、そうでないかです。

テクニックというと、とても難しい印象がありますが、そうではありません。

男性に対するちょっとした気遣いと優しさがあれば、あなたも今日から、モテる女性の一員になれるんです。

最近ではスマホで簡単に高画質の写真が撮れるようになりました。

男性は女性から送られてくる写真に食い気味で興味を示します。

それがもし、あなたのかわいく盛った写真であればなおさらです。

まだ親しくなって間もない男性に対して、写真を一方的に送りつけるのは好ましくありませんが、仲良くなりだしているのであれば、チャンスです!

男性が興味を引くような写真をいっぱい送って、自分に興味を持ってもらうことが好きにさせる方法として有効です!

また、やってはいけないのが、好きな男性に対して、自分のことをもっと知ってもらおうと、あれこれ文章もダラダラ書いてしまいがちです。

まずはマナーを心得て、出過ぎない行動をとることも大人のラインテクニックと言えます。

「好きにさせる方法」草食系男性へのラインテクニック

好みの男性がいたら、少しでもデートの約束などを取り付けたいものですよね。

けれど、最近の男性の多くが、恋愛に関して消極的な草食系と言われています。

ある程度、女性が主導権を握っていかないと、単なる友人のままで終わってしまい、恋愛にまで発展しないケースが多いです。

待っているだけでは、王子様は白馬に乗ってやってこないんです!

好きにさせる方法の極意は、やはり女性のラインにあります。

直接会うには勇気がいりますが、二人の空白をラインが上手に埋めてくれます。

ラインをする上で注意したいのが、女性は絵文字が大好きで、特に好きな男性に対しては、絵文字を乱用してしまいがちですが、これでは、絵文字に慣れていない男性にとっては読みづらく、好きにさせる方法としては台無しです。

出会って間もない頃は、少し物足りないかな、というくらいに絵文字の数は、なるべく少なくしておきましょう。

文中に複数入れるよりは、たとえば、「今日はお仕事、お疲れさまでした(ハート)」などというように、文の終わりに入れると、読みやすいし、相手の心に残るラインになります。

また、出会って間もない頃は、さり気なく自分の名前を本文や文末に入れて、相手へ自分の名前を印象つけるように心がけます。

飲み会で話したレストランのことや、趣味のサッカーの話にさりげなく触れると、自分の話を覚えてくれていたと男性サイドも嬉しくなるものです。

好きにさせる方法は女性の気持ちを伝えるライン

直接好きな彼の目を見て話すと、思ったように自分の気持ちを伝えることができないものです。

好きなのに、そうではないフリをしてみたり、緊張をして話そうと思ったこととは違う話をしてしまったり。

そんな恋愛が苦手な方には、ラインをうまく使うという、小悪魔的なテクニックがあります。

極端な話、直接会ってお礼の気持ちや感謝の気持ち、そしてストレートな好きという気持ちを伝えることは難しいものです。

ですが、ラインであれば相手の顔を見ない分だけ、落ち着いて冷静に、自分の言葉を選んで伝えることができます。

自由な表現が出来るラインですが、タブーな内容もあります。

一般的に言われることですが、相手を誹謗中傷する内容は極力避けましょう。

彼のことでなくても、友達の悪口や会社の悪口など、ネガティブな内容は、相手にマイナスの印象を与えてしまいます。

顔や表情がきちんと見えない分、読みようによっては、誤解をされてしまう可能性がありますよね。

できるだけ文言はポジティブなもの、読んでいる相手が思わず楽しい気持ちになるのが、好きにさせる方法です。

文言に自信の無い方は、思いつきを送信するのではなく、一度作った内容を読み返して、おかしいところは直してから送信すると、より一層間違いのない文言が送れるようになります。

好きにさせる方法は女性が男心を上手につかむライン

男性の気持ちも意外と複雑で、女性に頼られることで使命感を感じることもありますし、弱っている時に優しい一言をかけられることで心が動くこともあります。

ですから、男性に甘えてみたり、優しい言葉を伝えたり、アプローチの方法やタイミングがポイントです。

その点を理解して男性を虜にするラインテクニックを使い分けることが大切なんです。

「週末は何か予定あるの?」と予定を尋ねてみたり、「遊園地とか行きたいね」と出かけたい場所をさりげなく伝えたりすることで、意外と男性は使命感を持つものです。

また、「最近ヒマで」とか「今度の休み何しようかな?」とか、さりげなくヒマなことをアピールするのも効果的です!

男性は頼られると自信がでるので、持ち上げるだけ持ち上げるのも好きにさせる方法の1つ!

また、男性から聞いたイベントやお店などの情報に対して、積極的に反応することも大切です。

男性としても、興味を持ってくれると誘いやすくなるものです。

また、心が落ち込んでいる時に優しくされると気持ちが傾むくのは、女性だけでなく男性も同じです。

優しい一言が「好き」になるきっかけになることは多いです。

「君みたいな女性が必要かも」と感じるように、さりげなくアピールすると良いですね。

好きにさせる方法は、女性が「甘えん坊アピール」と「優しい言葉」の使い分けを積極的にラインで送るとより効果的です。

「好きにさせる方法」デート後のラインテクニック

知り合ったばかりの男性と初めてのデートをしたけれども、その後は彼と、自然消滅をしてしまった…。

そんな、悲しい思い出はありませんか?

忙しい現代人は連絡を密にとっていないと、自然消滅してしまうことも多いもの。

その際に、ラインの上手な活用法を知っていると、そんな自然消滅の恋にも、さよならを言えるようになるかもしれません。

例えば残業が多く忙しい彼と、毎日のように電話をしていることは、彼にとっても精神的な負担となってしまいます。

精神的な負担は、恋愛に対しても面倒だという気になります。

こうなってはうまくいかないものです。

このような忙しい男性と付き合う時、ラインは重要な役割を果たしてくれます。

通話だと相手のオフタイムを上手に見極めないと、失礼にあたりますが、ラインなら極端な深夜や早朝を避ければ、基本的には、24時間送れるのが良いところです。

デートが終わったら、「美味しいイタリアン、ごちそうさまでした。最後のイチゴのデザート、とっても美味しかったです♡前話していた映画は、まだやってるかな?」

デートの余韻を忘れないうちに、その日か翌日中に、このような文を送ります。

次のデートの誘いも、さりげなく散りばめて疑問系にしておきましょう。

男性が思わず返信したくなる内容にするのがポイントですね。

「好きにさせる方法」駆け引きライン

モテる女性の代表格と言えば銀座などの高級クラブのホステスさんです。

タバコを吸いたそうにポケットを探っていたら、ライターを差し出す、お酒の頃合いを見計らってメニューを持ってくる。

不自然ではなく自然に男性への気遣いができるその姿勢は、プロならではのモテる女性と言えそうです。

けれども現実的には、私たちのような一般的な女性がライターを差し出すのには無理があります。

学びたいのは、男性の気持ちを引き寄せるそのテクニックや心持ちです。

多くの男性に来店してもらうことで売り上げを上げている高級クラブのホステスさんたち。

お客さんの相手をしていない日中や時間の空いているときは、男性への気持ちをハートにしてラインを送ります。

ホステスさん言わく、「しつこすぎず、相手がそろそろかなと思った時に、さり気なく送れるのがスマート」なのだそうです。

男性は追いかけられるよりも、自分が追いかけたい本能を持っています。

相手の気持ちも考えず、やみくもに一方的なラインを送るのは、好きにさせる方法ではなくむしろ恋愛対象外の女性になってしまいます。

男性に「もしかして自分のことが好きなのかも」と思わせぶりな対応をしながら、わざとラインや電話もしない時間も持ってみる。

そんな大人の恋の駆け引きが自然と出来るようになった時、好きにさせる方法をマスターした女性と呼べるかもしれません。

男心を上手にくすぐりながら、攻めと待ちを交互に繰り返す…そんなテクニックが必要なんです。

好きにさせる方法は女性のラインにあり!のまとめ

ここでは、好きにさせる方法として主に女性のラインテクニックについて書いていきました。

ラインはいつでも送ることができますが、節度とマナーを守って送るようにして下さい。

自分の感情に流されず、相手のことを思って送るのがベストです。

ウザがられず、それでいて楽しめるよな内容、女性から話題を振ってあげると男性も返信しやすいです。

時には♡でかく乱し、時には甘えたさんで可愛さアピール。

最後は包み込むような優しさで男性もあなたにイチコロです!

好きにさせたい彼の心をラインでグッと引き寄せてしまいましょう!

ABOUT ME
nana
nana
どうも、ぽて子です。 恋愛なんて無縁、まじ無理ゲ―と思っていた私。 ただこのまま1度しかない人生終わっていいのかと!! 人生最大の奮起によって恋愛ガチ初心者から、恋愛マスターへ進化を遂げた私の、シンデレラストーリーを教えよう|ω・)